インドのお菓子のおすすめとは?お菓子でもスパイスを楽しめる!

スパイスお菓子

お菓子は、国ごとに特徴があり、インドのお菓子もまたインドらしさが全開です。日常的に食べられているお菓子を見ていると、国の食文化に直結したものを持っているように感じます。

特徴的なものが多いインドのお菓子も、気軽に買えるようになりました。その小さい食べ物にはインドらしさが詰まっています。日本で買えるインドのお菓子を解説していきます。

気軽に買える値段のものばかりなので、気軽に異国気分を味わえます。

普通のスーパーで取り扱っているのは見たことがないので、インドのお菓子に出会える機会はあまりありません。知らないお菓子を買うのは勇気がいりますが、一歩踏み出せば楽しいインド菓子の世界が広がっています。

インドの老舗お菓子メーカー ハルディラム(Haridiram’s)

日本にもいろいろなメーカーがあるように、インドにもスナック菓子のメーカーは色々とあります。その中でも、世界的に流通していて、良く見かけるのがハルディラム社のスナック菓子です。

ハルディラム(Haridiram’s)のお菓子とは

伝統的なお菓子でありながら品質も安定していつもおいしい

ハルディラムは、インドではメジャーなお菓子メーカーです。インドらしさが全開の、伝統的な素朴なお菓子をいろいろと発売しています。インドのスーパーに行くと、色々な種類のスナックがずらっと並んでいます。

スイーツやスナックの他、レストランも経営しています。デリーではたくさんの店舗があります。

ハルディラムは、インド国内だけではなく、世界に向けて輸出も積極的にされているようで、日本のインド食材を扱う店ではよく見掛けます。ハルディラムのお菓子はいつも同じ味で安定していて、『あ、今回はハズレか…』というような品質のムラを感じませんでした。

インドのお菓子を試してみるにはうってつけのメーカーさんです!

美味しくておすすめなインドのお菓子5選

癖の強さの塊のようなイメージのあるインドのお菓子ですが、実は食べやすいものも多く、おやつとして気軽に楽しめます。

ミニバッカルワリ Mini Bhakarwadi

スパイスの効いたしっかり味のザクザクお菓子

見た目だけを見たら甘そうに見えるお菓子ですが、むしろ辛い方に味がふれています。個人的に大好きなお菓子です。

ミニサイズの渦巻きスナックが、袋にたくさん入っています。後述するカッタミータやムングダルよりも大きさが一定で大きめなので、ポロポロ落とすのが心配なときにも食べやすい形状です。

辛いと言っても、それほどの辛さではなく、スパイスをしっかり感じられる、まさにスパイシーという表現がぴったりです。『インドらしい味』というイメージにぴったりの風味が楽しめます。

カッタミータ KHATTA MEETHA

すっぱくて甘いミックス揚げ菓子

いわゆる、ミックスナッツならぬミックス揚げ菓子です。揚げ菓子や揚げ豆など、本来なら別々に売られていそうな味のお菓子が一緒に入っています。

KHATTAですっぱい、 MEETHAで甘いというタイトル通り、二つの風味が同居しています。もちろんより分けて食べるのではなくそのまま食べるので、口の中で混ざります。素材の味を楽しむというより、全体の絶妙さを楽しむタイプのお菓子です。

ミクスチャー MIXTURE

名前の通りにいろいろ混ざった楽しいお菓子

揚げた豆、ナッツ、ベビースターラーメンみたいなスナックなど、さまざまなものが入っていて、『こんなに全部混ぜちゃっても美味しいんだな…』ということを教えてくれるお菓子です。感覚として、こういったお菓子を混ぜる感覚はありませんでしたが、混ざっているからこその美味しさがあります。おいしさの相乗効果です。ベジタリアンマークがパッケージにもあるとおり、ベジタリアンなスナックなのですが、かなりしっかりした風味でおいしいです。

程よくスパイシーで、さくさく食べられてしまうお菓子です。

ムングダル MOONG DAL

緑豆を揚げて塩味をつけただけでこんなにおいしい

こちらも名前も通り、緑豆(ムングダル)をパーム油で揚げただけのお菓子です。製造工程がとてもシンプルなので、見た目もとても地味です。しかしこのお菓子、地味な外見とは裏腹に、ひたすら後を引くおいしさです。

ほんのり塩味で、とてもしつこくなく優しい味がします。普段はスパイシーなものが好きですが、そんな辛いもの好きでもやみつきになるおいしさです。塩味の揚げた豆でしかないはずなのですが。塩味じゃ物足りないかも?と思っていただけに、大正解のお菓子でした。

ソアンパブディ SOAN PAPDI

甘くてホロホロ、カルダモンが爽やかな砂糖菓子

揚げたスナック菓子が比較的多い印象ですが、ソアンパプディは砂糖を飴菓子のようにしたお菓子です。とっても甘い味がします。

層状に砂糖を形作っていくので、日本の綿あめに近いのですが、綿のようにはなりません。繊維質の強い綿あめを固めたようなお菓子です。砂糖の塊で甘いのですが、甘い中にカルダモンの清涼感が広がっていくので、甘ったるさがなく爽やかです。

ソアンパプディについては別の記事で詳しく解説しています。ぜひ読んでみてくださいね。

まとめ

インドのお菓子は、スナック菓子から甘い伝統菓子までいろいろあります。インドといえばスパイス、スパイスと言えば辛い!!というイメージがありますが、辛いものが苦手でも大丈夫なものも多いのです。もちろん辛いものもあります。

インドの店舗が品揃え豊富なのはもちろんですが、現在は海外に行くのも難しい状況です。日本だとどこで売っているんだろう?と思っていたら、アジア食材店を探し歩かなくても通販で取り扱いがありました。

手軽に味わえるインドの味を、ぜひ試してみてくださいね。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました